社員教育をどのように行っていくべきかの判断は企業にとって重要なことです。様々な方法論が開発されていますが、比較的最近になって導入されている方法を知っておくと役に立ちます。グループワークやeラーニングはその代表例なので、メリットやデメリットを確認しておきましょう。

グループワークによる社員教育

社員教育にはグループワークを取り入れることができます。社員同士でのコミュニケーションを促進できるのは明らかですが、社員教育として導入するとどのようなメリットがあって、どんな方法が効果的なのでしょうか。

グループワークを導入するメリットとは

グループワークは、参加者をいくつかのグループに分け、そのグループ単位で与えられたテーマに対してディスカッションを行ったり、成果物を作ったりする研修方法です。実際の業務に近い形でのテーマを与えること…

Read more »

グループワークをするデメリット

グループワークは、一人で進めていく場合と比べて多くの人の意見を取り入れてより良いものを生み出していくことが出来るという点で大きな意味がある物です。社員教育の一環として取り入れるというケースも多いこ…

Read more »

どんなグループワークが効果的?

社員教育のためにグループワークをするときにはグループのメンバーが協力して同じ作業を行う仕組みを作るのが効果的です。例えばトランプでピラミッドを作るというだけでも有用なグループワークになります。どの…

Read more »

>

会社が社員を育てる!社員教育

eラーニングを使う社員教育

最近ではパソコンやスマートフォンを使って気軽に受けられるeラーニングによる社員教育もよく行われるようになりました。eラーニングにはどのような特徴があるのでしょうか。導入を検討するときのポイントを押さえておきましょう。

eラーニングを使うメリットは?

eラーニングを使うデメリットとは?

eラーニングの導入のポイント

職種や実務経験に合う教材を選択しよう

eラーニングを使った社員教育は、集合研修の費用の節約ができるだけでなく、業務の合間に効率的に専門知識を覚えさせることできるという利点があります。最近では、様々な職種に対応できるeラーニングの教材が続々と開発されており、予算に応じて新人や中堅、管理職など社員の役職や経験に合うものを選ぶことが可能です。そうした中、ベストなeラーニングの教材を見極めるうえで、社員教育に特化したパソコンソフトの作成をしている業者に相談をしたり、多くの同業他社が導入している教材の特徴を調べたりすると良いでしょう。また、日頃から人事部や各部署の教育担当者が中心となり、将来に繋がるeラーニングの教育の計画を立てることが重要となります。

eラーニングの主な操作方法のレクチャーをしよう

社員数の多い企業では、コスト削減や日々の業務の負担軽減などの目的で、eラーニングをメインに教育を行っているところが増えています。eラーニングを初めて導入するにあたっては、それぞれの社員が自主的に学べるようにするため、主なソフトの操作方法についてレクチャーを行うことが大切です。特に、パソコンが苦手な社員が多い職場においては、eラーニングを利用した教育の経験が豊富な外部の専門家に講師を任せたり、個別の教育のプログラムを作成したりすると良いでしょう。なお、eラーニングの教育効果を判断するうえで、定期的に一人ひとりの社員に聞き取りを行ったり、各部署の管理職と今後の教育の方法を話し合ったりすることも大事です。

© Copyright Employee Development Benefit. All Rights Reserved.