eラーニングを使うメリットは?

教育の質を変えないで大勢の受講者に教育を提供できる

eラーニングを利用するメリットとしてまず挙げられる点は、沢山の受講者に教育を提供することができることです。集団研修の場合だと、一人の講師が教えられる人数は50人程度です。社員が1,000人ほどいる企業であれば20回も同じ研修を行わなければなりません。eラーニングを使用すれば社員が何人いても一つの教材で済むというメリットがあります。他にも教育の品質を統一できるという点もメリットの一つとなっています。数千人単位の社員がいる企業の場合、一人の講師がすべての教育を行うのは難しいので、複数の講師が担当することが多いです。その場合、テキストは同じであっても講師のレベルによって研修の質が変わってしまうことがあります。eラーニングでは一人の講師が担当するので、研修の質を変えることなくすべての社員に教育を提供することが可能です。

時間と場所の確保が必要なく低コストである

eラーニングは、インターネットの環境があればどこでも学ぶことができるので、集団研修のように日程を組んで会場をおさえる必要はありません。さらにeラーニングは、研修を受けるために移動する必要もないので、受講する社員のスケジュールを調整する必要もなく、気軽に社員教育を行うことができます。集団研修に比べて低コストである点もeラーニングのメリットの一つです。eラーニングを導入すれば、集団研修のように会場代や講師に支払う報酬を削減することができます。さらにeラーニングは、受講者の学習時間や進捗率、取得得点などを管理することができるので、研修に対する様々な分析が可能です。これらのデータによって、受講者とのコミュニケーションもスムーズに行うことができます。

© Copyright Employee Development Benefit. All Rights Reserved.